人事ばたけ

転職活動経験や人事や労務管理等に関する情報を発信するブログ

仕事

今後の派遣の働き方はどうなるのか?知っておきたい派遣法改正の概要

働き方改革で様々な関連法が改正される中で、2020年4月(令和2年)から派遣労働者にも『同一労働・同一賃金』が適用されます。 今回の法改正は『通常の労働者(いわゆる正社員)と派遣労働者との間の不合理な待遇差を解消すること』を目指しています。 つま…

最大168万円もらえる!!教育訓練給付金についてまとめてみました。

毎月のお給料から天引きされている雇用保険料は、会社を辞めた時に失業給付をもらえるために支払っているとの認識をもっている方が大半ですが、実は、『教育訓練給付制度』や『育児休業給付金』などの財源にもなっています。そこで今回は、知っていたら得す…

本当に給料は上がるのか?知っておきたい同一労働同一賃金

大企業は2020年4月(中小企業は2021年4月)から働き方改革の重点改正内容である同一労働同一賃金が導入されます。同一労働同一賃金が導入されると、非正規社員にとって何がかわるのでしょうか?今回は、同一労働同一賃金についてまとめてみました。 同一労働…

平均年収に騙されてはいけない!!平均年収のからくりについて

就職先を決めるポイントとしてお金は重要な要素です。おそらく、『〇〇株式会社 平均年収』とかで検索された方が多いのではないでしょうか。検索の結果、平均年収が思ったより低いから他社にしようとか、逆に、平均年収が高いから入社を決定したなど経験はな…

志望動機の不要論

人事で採用に携わる者として、履歴書や職務経歴書は見る機会は多いです。履歴書に志望動機を記入している方が多いですが、本当に志望動機は必要なのでしょうか。 私自身は、中途入社の志望動機不要論派ではあります。なぜなら、少ない企業情報の中で無理に考…

年収850万超は増税になる?令和2年以降の年末調整について

令和2年以降は税制改正により、年末調整に影響する4つの税制改正『給与所得控除の引き下げ』・『基礎控除額の引き上げ』・『所得金額調整控除の創設』・『配偶者・扶養親族等の合計所得金額要件等の見直し』について確認してみましょう。 給与課税のイメー…

そうだったのか!!国民健康保険と健康保険の違い

日本では1961年に高額な医療費の負担を軽減するために『国民皆保険制度』がスタートしました。日本国民は公的医療保険に加入することで、どの保険に加入していても、全国で平等な医療が受けられます。 公的医療保険とは、次の保険のことです。 国民健康保険 …

2000万円問題より先に2022年問題のほうが重要だ!!

2000万円問題は、収入を年金のみに頼る無職世帯のモデルケースでは、20~30年間の老後を生きるために約2000万円の老後資金が必要になるとして金融庁がまとめた報告書が発端でしたが、それより先に2022年問題のほうが重要かもしれません。2022年問題とは、『…

年次有給休暇は買取はできるのか?年次有給休暇制度について知ろう

2019年4月1日から年10日以上の年次有給休暇を付与される労働者に対して、5日については、時季を指定して取得をさせなければいけなくなりました。 そこで今回は、年次有給休暇制度についてまとめてみました。 年次有給休暇の発生要件 1年間(入社初年度は6…

【保存版】知っておきたいハラスメント

実は、世の中にはハラスメントの種類は40~50種類あるといわれています。そこで、ハラスメントについて一部抜粋してまとめてみました。 上の立場を利用したハラスメント パワー・ハラスメント(パワハラ) 社会的な地位の強い者による権力や立場を利用し…

労基法違反に要注意!!「休日」の正しい知識

会社の『休日』の区分について、まとめてみました。この機会に、『振替休日』や『代休』等の知識を深めましょう。 1.労働基準法の休日 労働基準法で定める『休日』は、週1日または4週4日の「休日」を与えなければいけないことになっています。この休日…

今からでも遅くない!!時給単価と割増賃金単価の計算方法を知ろう。

最近、大手企業でも、単純な計算ミスで残業代未払い問題が発生しました。会社と従業員は信頼関係のもとに成り立っているかもしれませんが、このような問題が発生しましたから、ご自身で残業代の計算方法を知ることも重要かもしれません。そこで、時給単価と…

社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料)の計算方法を知ろう。

毎月のお給料から天引きされている健康保険料と厚生年金保険料ですが、保険料の決定方法を知っていますか?そこで、健康保険料と厚生年金保険料の決定方法について説明します。 まず、社会保険料の決め方は3つあります。 ①入社時に決まる「資格取得時決定」…

有給休暇取得理由を聞くのをやめませんか。

年次有給休暇を取得するときに、理由は必要なのか。 先日、知人の会社で1週間前に私用で有給休暇申請したところ、有給休暇取得の理由を聞いてきたとのこと。知人が上司に「理由が必要ですか?」と聞いたところ、「法律では納得できる理由でなければ許可を与…

復職制度に期待すること。

2020年1月6日から、ハローワークのシステムとハローワークインターネットサービスが新しくなるそうです。それに伴い、ハローワークに求人募集をしている企業に、2019年12月末までに「復職制度」や「職務給制度」の有無について確認用紙の提出を求められまし…

働き方改革に思うこと。

働き方改革によって、「長時間労働の是正」や「休日取得の推進」により労働時間の削減や有給休暇の拡大が多くの会社で進んでいますが、社会全体で考えたらよい変化と言えます。 ただし、「やる気」がある労働者が多い会社は生産性が向上するので、企業にもメ…

賞与の社会保険料や所得税を計算してみました。

12月は賞与を支給する企業が多いのではないでしょうか。会社員の方にとっては楽しみの一つである賞与の社会保険料及び所得税の計算は、毎月のお給料とは計算方法が違います。 そこで、賞与の社会保険料及び所得税の計算方法を説明します。 賞与とは 賞与とは…

人事担当者から見た年末調整でよく間違える点についてまとめてみました。

会社員は10月下旬ころから人事担当者より年末調整のご案内が届き、保険料控除証明書等の年末調整の書類を提出していると思います。 年末調整では、生命保険や損害保険の保険料、イデコ掛金、健康保険料や国民年金(健康保険や厚生年金に加入していなかった場…

定年撤廃の議論をしましょう

会社で定年60歳を65歳まで引き上げる議論をしています。何故かと申しますと、2013年に施行した改正高年齢者雇用安定法で、企業は段階的に65歳までの希望者全員の雇用を義務付けられたので、それならば定年を65歳にしましょう、生涯現役社会を目…

ネクタイ締めるのやめませんか?

ネクタイをする意味が分からない・・・社会人になって当たり前のようにネクタイを着用していますが、ビジネスマナーだから仕方ないという思いで着用しています。つまり、ネクタイは仕事の際に着用しなければいけない”義務的な存在”という意識でしめています…