人事ばたけ

転職活動経験や人事や労務管理等に関する情報を発信するブログ

志望動機の不要論

f:id:asologu:20200106193038j:image

人事で採用に携わる者として、履歴書や職務経歴書は見る機会は多いです。履歴書に志望動機を記入している方が多いですが、本当に志望動機は必要なのでしょうか。

 

私自身は、中途入社の志望動機不要論派ではあります。なぜなら、少ない企業情報の中で無理に考えた志望動機を聞くより、本当に知りたい職務経歴を詳細に話す時間を割いたほうがお互いに有意義だからです。

 

もちろん、志望動機を大切にしている会社もあると思いますが、志望動機を重要視しない企業が増えてきているのも事実です。面接において、採用する側と応募する側は、あくまでも対等な立場です。

 

面接とは、採用する側が会社の魅力を伝え、応募する側が自身の魅力を伝える場です。志望動機を考える時間より、『自身の魅力を伝える事』を考える時間の方がより大切です。

 

それでは、私の所感ではありますが、『志望動機』と『履歴書』及び『職務経歴書』の意味についてまとめてみました。

 

履歴書の役割

『履歴書』の役割は、応募者の基本情報を確認するための書類となります。確認事項として、まず、『学歴』や『職歴』を確認し、年齢、住所、資格などを確認します。志望動機の記入があれば見ますが、志望動機が記入していないからと言ってマイナスポイントにはなりません。あくまでも、履歴書は基本情報を確認するための書類になります。

 

職務経歴書の役割

職務経歴書』の役割は、『自社の求めるスキル・キャリアを有しているか』を判断する重要な書類となります。中途採用の場合は、履歴書より職務経歴書を重要視しますので、面接の際も、職務経歴書を中心に質問します。

 

志望動機は必要か?

このように、『履歴書』及び『職務経歴書』に志望動機の記入がなかったとしても、マイナスポイントにはなりません。無理に志望動機を考えてしまうと、思うように転職活動が進まなくなります。また、『履歴書』及び『職務経歴書』に適当な志望動機を記入してしまうと、面接のときにボロが出る可能性がありますので、明確な理由がない場合は書かないようにした方がいいです。

 

また、面接時に志望動機を聞いてくる企業は多いですが、企業側の思いとして、会社への理解度や情報収集力を確認しているためです。つまり、志望動機が多少内容か薄くても、そんなに気にはしません。重要なのは、『職業に対する志望の度合い』や『何ができる』を重視します。正直、採用した理由として、「志望動機が良かった」印象より、「職業知識が良かった」や「人柄が良かった」印象の方が圧倒的に上回ります。

 

最後に

f:id:asologu:20200106193052j:image

それでも、志望動機を考えてしまうと言う方は、自分を起点に志望動機を考えてください。『私は、自分自身の仕事感をこのように思っている。そんな中で御社の✖️✖️に魅力を感じた。だから応募しました』など、自分を起点に志望動機を考えると応用が効きます。また、企業側も志望動機が高い人だけを採用していたら、優秀な人材を採用できないのですから。