人事ばたけ

転職活動経験や人事や労務管理等に関する情報を発信するブログ

転職したいけど書類選考に落ちて面接に進めない人必見!!転職のやり方

f:id:asologu:20200121192508j:image

転職しようと考えた時、『転職サイトがたくさんありすぎてどの転職サイトを利用したらいいか分からない』とか、『転職サイトと転職エージェントの違いは?』など、迷われている方は多いだろう。

 

転職活動をする中で希望の求人を見つけるためには、転職サイトや転職エージェントに登録することが主流になっています。事実、企業が求人募集をする際は、転職サイトか転職エージェントを利用することが多いです。

 

では、利用者側ではどのようなことに注意したらいいのだろうか?

 

そこで今回は、転職のやり方についてまとめてみました。まずは、転職サイトと転職エージェントのデメリットを確認しましょう。

〈目次〉

 

転職サイトと転職エージェントのデメリット

転職サイトのデメリット

デメリット①一つの求人に対して応募者が多いため、書類選考通過率が悪くなる
会社で転職サイトを利用する機会がありますが、一つの求人に対して、多数の応募があります。企業側ではすべての応募データを詳細に見ることが困難なので、書類選考のハードルを上げています。


デメリット②書類選考で落ちた理由がわからない
書類選考で落ちた理由がわからないため、次回の対策が立てにくいです。


デメリット③転職サイトでは企業側の本当の情報が分からない
転職サイトの求人情報だけでは、企業の内情が分かりません。実際に入社して、想像していた会社ではなかったなんてことも。このように、雇用のミスマッチが起こる可能性が高いです。

転職エージェントのデメリット

デメリット①転職エージェントの担当者によって、転職が左右させる場合がある
担当する人によっては、営業ノルマを優先して意図していない求人を進められる場合もあります。


デメリット②自分の市場価値によっては、紹介してくれる求人数が少ない場合がある
登録するエージェントによっては、希望する求人の保有数が少ないことによって、紹介する求人が少ない可能性もあります。

 

このように、転職サイトや転職エージェントにはデメリットがあります、特に、中小企業が転職サイトを利用する場合、採用専門の担当部署を設けているのは少数ですから、人事担当者がルーティンワークと並行して書類選考をしています。

 

そのため、書類選考をしやすくするため、書類選考のハードルをあげています。たとえば、転職回数を見て不採用にしている場合や、いわゆる学歴で不採用にしている場合もあるかもしれません。

 

つづいて、転職サイトと転職エージェントのメリットを考えてみましょう。

 

転職サイトと転職エージェントのメリット

転職サイトのメリット
メリット①企業側が転職サイトを利用する場合、募集枠の人数が多い可能性が高い
転職サイトを利用する場合、募集する人数が多いときに利用します。企業側としては、効率よく多数の応募者を見込めるからです。ただし、デメリットでも申したとおり、その分、応募者数は多くなります。


メリット②企業によっては沢山の応募者と会いたいため、書類選考のハードルを下げている場合がある
いわゆる大量募集している企業では、沢山の応募者と会いたいため、書類選考のハードルを下げている場合があります。

 

転職エージェントのメリット
メリット①採用までのスケジュールを管理してもらえる
転職エージェントを利用すると、企業側と面接日程調整をしてもらえるメリットがあります。


メリット②不採用理由がわかる
書類選考や面接で落ちた場合に、不採用理由が転職エージェント経由で聞ける可能性が高い。


メリット③内定後の年収交渉を代行してもらえる
転職エージェントを利用すると、内定後に希望年収を伝え、企業側と年収交渉をしてもらえます。

 

おすすめの転職方法は? 

 

キャリアアップを目指すのなら転職エージェント!!

現在の労働市場では、複数の会社での経験を得て「キャリアアップ」をしていくのが普通の時代になりました。キャリアアップで失敗しないためにも、転職エージェントの利用がおすすめです。

 

企業側も転職エージェントを利用する理由として、転職サイトを利用すると、手軽に応募出来る環境なので、応募者が殺到し、優秀な人材が埋もれてしまう可能性があります。

 

そのため、特定のポジションやキャリアがある人を採用する場合、転職サイトを利用するより転職エージェントを利用することがメリットになります。

 

では、キャリアアップを目指して転職エージェントを利用する場合、どのエージェントがおすすめなのか?

 

20代におすすめ

マイナビエージェント

mynavi-agent.jp

 ★リクルートエージェント

www.r-agent.com

DODA

www.saiyo-doda.jp

 

30代・40代におすすめ

★MS-Japan(管理部門特化型)

www.jmsc.co.jp

 ★JACリクルートメント

www.jac-recruitment.jp

 

転職エージェントを利用する場合の注意点

転職エージェントによっては、企業に直接応募する前に、転職エージェント内での社内選考があります。大手転職エージェントになるほど応募者も多いので、社内選考率は高くなります。

 

社内選考通過率が2割程度の転職エージェントもあります。

 

本人には、書類選考に通過しなかったとしか伝えないので、勧められた企業に応募したのに落ちたことは、自信喪失の原因になります。

 

もちろん、社内選考しないで直接企業に応募してくれる転職エージェントもありますので、転職エージェントを利用する場合は、社内選考の有無を確認することも必要です。

 

ハローワークは活用してる?

冒頭で、転職活動の主流は、転職サイトや転職エージェントと説明しましたが、ハローワークの面接会もおススメの転職活動になります。

 

ハローワークごとに開催日は違いますが、求職者向けに会社説明会を開催しています。

 

ハローワーク面接会の魅力は、本来なら書類選考を通過出来なかった対象者でも、直接、会社の採用担当と話せることです。

 

また、管轄のハローワークに面接会を開催してもらう場合、応募者が沢山来てくれて、かつ、応募者が面接まで進んだ人数が多い企業を優先的に次回開催の案内をする場合があります。

 

つまり、企業側としても、面接会を開催した場合、応募者が沢山来てもらうように求人内容を少し変更(未経験でも可等)して、出来るだけ多くの応募者を面接に進めるようにします。

 

さいごに

転職サイトや転職エージェントは様々な種類があり、転職する側として格段に選択肢が広がりました。自身の条件や適正に応じた転職サイトや転職エージェントを使用することが重要です。今回の記事を参考にして、より良い転職を実現していただけたら幸いです。